勝者に共通することは自信を持ったFXトレード

勝者に共通することは自信を持ったFXトレード

 

FXをしていくなら失敗は避けて通れない道で、どんな優れたトレーダーでも一日のうちに何度も勝ち負けを重ねつつ利益を得ているわけなので、トレードへの恐怖心をなるべくなくして思い切りのよいポジション捌きができるようになると勝ち組へ近づいていくはずです。ただそう言われてもいきなり気持ちを切り替えてトレードに打ち込めるかというと経験の浅い人には厳しいものがあるでしょうし、稼げるトレーダーに備わっていて負けている人に欠けているものというのは自信の差が大きく、それがすべての行動にかかわってきて利益率の違いになってくるのです。

 

自信を持てと言われると感情的な要因のように思えて稼ぐ人との差がすぐに縮まるようには見えないかもしれませんが、実は何か頼れる手法をひとつ見つけてその通りの手法を何度も繰り返していればそれがトレード時の自信に繋がってくるから、規律を守ってさえいればトレードの腕は些細なものと思えるようになります。それはチャートに移動平均線一本だけ表示するだけの単純なものでもなんでもいいけれど、問題はそうして作ったFXトレード時のルールをどんなときも厳しく守っていき、それに加えて手法の欠点を見抜いて微調整していくことも大切なので常にチャートを見張っていかないと投資の世界で生き残ることはできません。

 

そうしていくといつの間にかトレードへの恐怖心は消えていって自然体でFXを続けることができるようになるものの、こうした段階を踏んでいけば誰でも上達していくとわかっていてもそれができないのが多い原因は、普通の人とって淡々とトレードをこなしていく持続力のないことが原因だと思います。投資の一種だからFXも大きく賭けてドーンと増やすといった漫画みたいなものを想定していたかもしれませんが、実際には結構地味な反復作業が稼ぐために必要になるのでそれが習慣として身につく前に飽きてしまう人が多いのです。

 

ダラダラとただ続けているだけではすぐに投げ出してしまいたくなるから、そうしないために効果があると言われているのがトレードノートと呼ばれる毎回のFXの履歴を細かく書いていく投資の勉強法で、これを同時にこなしていると飽きが来ずにモチベーションを維持しやすいと言われています。