投資において忘れてはいけないのがコストでした。

どんな問題を考えるときにも、その利点となるものが大切でございます。たとえば、世の中、なにかとまずはコストってものを考える癖があるようで。これは会社にとっては最重要課題とも言えますね。コスト削減はなくてはならない条件でございます。一般家庭においてもこれは同じことが言えるんじゃないでしょうか。そうなるとどうなるかと言いますと、節約ですとか倹約なんていう言葉に変わってきます。

 

このへんのことについて、ぜひともお耳に入れておいていただきたいことがあるんです。今、資産運用という意味で、なにかに投資をされている方も多いことだと思いますが、この投資をするにしても、コストという項目はもっとも重要なものになるんですね。たとえば、外貨預金なんていうものをやられている方もいるでしょうが、これにはいろいろと手数料というものがかかってきます。これは馬鹿になりません。でも、FX取引ではこの手数料がグンと安く、あるいはタダになるんです。

 

FX、いわゆる外国為替証拠金取引というもの、その特徴について、言いたいことはいくらでもございます。取引の仕組みが誰でもわかりやすいですとか、24時間取引可能であるとか、少ない証拠金で大きな取引ができるとか、株や先物なんかよりもリスクを軽減できるとか、本当、いろいろあるんです。でも、その中でも注目したいのが、コストがとっても安いっていうことなんですね。

 

FX取引のコストは安い。もちろん、その恩恵は大きいです。たとえば、取引手数料にしても、毎回取引のたびに手数料を取られていたんじゃ、これは本当に馬鹿になりませんよね。いくら安いといいましても、それが徐々に積み重なって行けば笑えなくなります。

 

FXの手数料は安くて助かる。とても多くの人が言っているのが実情だと思います。たくさんある投資の中で、このFXを選ぶ方の中には、この手数料が安くてコスト削減につながるから、と言っている方も実は多いんですね。

 

なんのかんの言っても、細かくて目の届かないところに思わぬ落とし穴ってものがあるものでございますから。

 

 

デモトレードで練習しています

 

デモトレードで納得いくまで練習を重ねています。通貨は豪ドル円、そしてたまに米ドル円。ユーロ円やポンド円は証拠金が高いので、少ししか入金していない私にとって高嶺の花なのです。だけど、それでもいい。豪ドル円だけでも極めればやっていけるんです。相場で勝つためにはエントリーポイントだけじゃなく、トレードする通貨まで選んだほうがいいのです。現在、私は豪ドル円の売りを1枚保有中です。いつもトレードする際に、エントリーの根拠を自分なりに述べるようにしています。どうしてここでエントリーしたのか理由を言うようにすると、自分の考え方の癖やトレードの癖がわかります。うまく行かなかった場合、もっとこうすればよかったという事にも気が付きます。だから、必ず自分の考えを持つようにすることは大切です。どうして私が豪ドル円の売りを持ったのかと言うと、チャートを開いたとき、1分足から1時間足までのろうそく足が売りを示唆し始めたからです。テクニカル分析ではそれが理由です。ファンダメンタルでも、売りを持とうと思った理由があります。日銀政策決定会合があり、ショックで日経平均が大幅に下げた。その下げは100円なんてものではなく500円を超えました。実際、クロス円は下げていました。だから、これは売りだと確信したのです。それで5分足を見たら、レジスタンスが綺麗に機能しているチャートだったので、レジスタンスに引きつけて売りました。今、結果が出ました。見事うまく行き、100円の利益がでました。

 

希望の価格にいつまでたっても落ちてこない

 

東京時間に豪州の指標があって、素晴らしい結果だったことで、豪ドル円は一気に上値を伸ばしました。突発的に動いてからは、レンジ推移になって、ロンドン時間終了間際も、その価格帯から抜け出せずにいます。指標発表で、買いを持っていればすごい美味しいです。95に近い価格で発表を聞いて95.70まで上昇していますから、50PIPS以上の利益が獲得できています。この伸びを見ていて、まだ遅くはないだろうって思いました。高値を追って買うのは嫌だったので、下がるまで待っていました。だいたい、11時30分頃まで待っていたけど、思っていた価格に落ちてこなかったのでやめました。そしてお昼からは、息抜きのために外出してきました。少し遅めの昼食を食べて、お散歩して、帰りはコンビニでアイスコーヒーを飲んで家に帰る。そんな感じで気楽に過ごして、息抜きが出来ました。それで家に到着してどうなったか豪ドル円の様子を見てみると、指標発表の結果を受けたときとあまり変わらない価格にいました。20PIPSの狭いレンジでずっと動き続けていることを知ると、すごいなぁって思いましたね。何時間も粘って動かない豪ドル円。米ドル円がこういうタイプだから、豪ドル円に米ドル円の魂が乗り移ったのかと一瞬思ってしまいました。長時間下がらずに待っていてくれるって、豪ちゃんってすごいおりこうさん。でも、ロングはもう少し待ってね。あまり下がらないならば、レンジの下限まで待って拾ってみようと決意。心を決めて待っているのに、ニューヨーク時間直前になっても落ちてきません。ここまで狭い値幅が長時間続くと、買うと決めた私もさすがに怖くなってきます。たぶん、落ちてきたとしてもニューヨーク時間9時過ぎでしょう。もう夜で、睡魔と闘わないといけない時間だし、ポジションを持つと監視していないと安心できないので今日はもう引き上げる方向になるかもしれません。ニューヨーク時間には、アメリカの指標があり、今日のは市場が注目しているとニュースに書いてあったので、残念ながら米ドル円が主役になりそうです。

2015/06/22 15:50:22 |
FXをしていくなら失敗は避けて通れない道で、どんな優れたトレーダーでも一日のうちに何度も勝ち負けを重ねつつ利益を得ているわけなので、トレードへの恐怖心をなるべくなくして思い切りのよいポジション捌きができるようになると勝ち組へ近づいていくはずです。ただそう言われてもいきなり気持ちを切り替えてトレードに打ち込めるかというと経験の浅い人には厳しいものがあるでしょうし、稼げるトレーダーに備わっていて負けている人に欠けているものというのは自信の差が大きく、それがすべての行動にかかわってきて利益率の違いになってくるのです。自信を持てと言われると感情的な要因のように思えて稼ぐ人との差がすぐに縮まるようには見...
2015/06/22 15:50:22 |
豪ドル円と米ドル円は、調子が悪かったけど大きく下げずに踏ん張っていた東京時間午前。ユーロ円とポンド円は、落ち着いた値動きを見せていました。動かないクロス円の中で、豪州の良くない指標と豪州中央銀行総裁の発言で途中から上値が重くなり、豪ドル円は、よく動いたほうだと思います。でも、良くない発言があっても最近は前のように継続しないようになってきているので、どうせ戻るだろうと思いました。豪ドル円はまだしも、ユーロ円とポンド円は東京時間中、安定した推移をみせるんだろうなと思っていました。それが、東京時間午後1時過ぎに一変します。黒田日銀総裁がつぶやいた、ここからさらに円安はありそうにない。その一言が相場全...
2015/06/22 15:50:22 |
6月12日、現在東京時間の11時過ぎ。スタートしてから、日経平均のレポートが入ってきています。読むと、どう推移しているのかが分かります。私は、日経平均の動きを確かめながらクロス円を見ていきます。東京株式市場がオープンしたときは調子が良かったですが、1時間後にはマイナス圏に潜り込んできました。米ドル円は、上値が重くなって下押ししました。あれからさらに1時間が経って、新たに入ってきた情報では、日経平均は小幅高だそうです。振り幅が大きい動きです。それによって、123.41まで下押しした米ドル円が123.52まで戻ってきています。不安定な日経平均を見たら、安心してエントリーできないなって思います。全体...
2015/06/22 15:50:22 |
6月9日、東京時間午前の豪ドル円は、前日よりも上昇して96円を達成しています。前日は、95.50から95.70辺りの狭い値幅を長時間動いていました。きのうは、月曜日で、あまり動かないと言われているのでしょうがないと思っていました。でも、東京時間で一時的に円買いになる場面があって、下に動いたものだから、方向は下なんだと思って売りたくなりました。売ろうとチャートを開くと、理想的な形ではなく、レートの動きも鈍いので諦めました。結局は、あまり下げず、時間の経過とともに元の価格に戻ってきました。本日は、そんな豪ドル円が96円を越えていることにびっくりしました。買い材料は見当たらないのに96円まで上昇して...
2015/06/22 15:50:22 |
お金を増やしている人が多いと聞くので私でももしかして出来るのではないかと思ってFXをやってみることにしました。乗り遅れたくないという気持ちとFXをしている人がどんどん増えているのでチャレンジしてみたいなと思うようになったのです。FXのことは以前から知っていたのですがギャンブルだとか言う人が多かったので勝手にイメージを作ってしまって敬遠をしていました。これだけ円安が進んだのですから早くからFXをやっていた人から比べるとチャンスを逃してしまった感がすごくあります。早くからやっていれば上手く出来たかはわかりませんが勝手なイメージを持ってFXのことをよく知らないままでいたことは損をしたと思っています。...
2015/06/22 15:50:22 |
相場を見極めることができれば、FXは比較的簡単に勝つことができます。FXをする時には、為替相場を参考にして取引をすることになるため相場を分析するためのツールが色々と提供されています。その中でも、チャートは非常に役に立つツールでこれ一つだけでFXで利益を出せると言っても過言ではありません。為替相場で大切なことは、これからの相場がどのように動くのかをきちんと把握することです。為替相場の変動は、経済だけではなくその国の政策などによっても大きく変動することがあります。たとえば、基軸通貨であるドルを基本としているアメリカで大きな経済的な発表があれば大きな相場の変動に繋がります。しかし、こうした世界のイベ...
2015/06/22 15:49:22 |
FXは時間に余裕がないという人でも、几帳面でないという人でも比較的簡単にできる投資方法ですが、なぜそう言われているのでしょうか。それはまずFXは、エントリーと決済という二つの単純な方法がメインだからではないでしょうか。エントリーは、自分が判断した場面で売か買かで行い、決済を済ますというシンプルかつやりやすいものです。なので、時間に余裕がないと人でもこの二つの作業を行える時間があればできるということになります。しかし、誰もが気にするのは投資には情報収集が欠かせないという下地のようなものです。その点、FXならどうでしょうか。例えば情報収集にもっとも手間のかからない米国ドルの場合、夜のニュース番組を...
2015/05/26 10:57:26 |
クロス円ではユーロ円だけが集中的に買われています。いいなぁ、ユーロ円。理由は、スペインのGDPが好調だったからです。GDPとは国内総生産のことで、好調だと経済に明るい見通しが見られます。だから、安心して買われたのですね。ユーロ円のチャートってあまり見ていませんが、いつも豪ドル円をメインに見ているので、たまにはいいじゃない。ユーロ円のチャートを開いちゃいました。日足を見て驚きました。数日前の豪ドル円の日足と同じ形状で、ダブルボトムになっています。豪ドル円が日足でダブルボトムを作ってきたとき、よくやった。これで安心して買えると思いました。しかし、見事に振り落とされました。サポートだと期待していたラ...
2015/05/26 10:56:26 |
FXを始めた時の私の失敗した体験です。私は、デイトレードを日々繰り返していました。しかも手持ち資金は20万円程度しかなかったので、大きな損失(と言っても数万円)は、即強制ロスカットとなるような勝負をしていました。私は、買いを入れた後片時も目を離さずにチャートを見続けます。そして1000円程度利益が出るところで自動的に売りを入れる設定をしていました。それを会社から帰宅した夜22時位から2時位までの間繰り返すと言う日々を過ごしていました。1日の間に、何度もトレードを繰り返し、時として設定を変えて3000円から1万円を一度の利益としてあげることにも成功しました。勝率では7割程度を維持し、半年間でトー...